nyappsupport.com

healthTrack

健康診断をグラフ化

healthTrackは紙の検診データをグラフ化し、検診機関ごとに異なるフォーマットを一元管理するためのアプリです。


主機能:

  • 入力データのグラフ化
  • グラフのスクロール表示
  • 本体とiCloud間のデータコピー
  • iCloudに対応

対応機種:

  • iOS製品(iPhone、iPad)

入力可能項目:

x

  • 身体計測 身長、体重、BMI(自動入力)、体脂肪率、腹囲
  • 血圧 最高血圧、最低血圧
  • 血液 赤血球数、ヘモグロビン、ヘマトクリット、血小板数、白血球数
  • 肝機能 AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP(γ-GT)、総タンパク、アルブミン
  • 腎機能・尿酸 クレアチニン、尿酸
  • 糖代謝 空腹時血糖、HbA1c(NGSP)
  • コレステロール 総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪

新機能上記25項目に加えて、任意の検査項目を追加する事ができます。


APP基本操作:

1. HOME画面



App起動後、初期画面となるHome画面では、データ、グラフ、設定の各タブ情報を一覧することができます。iCloudと本体ストレージ間でのデータコピーは赤円部分ボタンより可能です。

2. ストレージ間コピー画面



項目を長押しで選択し、もう一方のストレージへドラッグ&ドロップでコピーが可能です。複数データを同時にコピーするには、項目をドラッグ中に他項目をタップします。

3. データ画面



データ画面で健診データを入力します。新規に入力する場合は新規作成ボタン(赤円部分)、既に保存しているデータを編集する場合は編集したいデータ項目(緑円部分)をタップします。

4. データ入力画面



データを各項目のフィールドに入力します。数値は入力と同時にグラフ表示されます。

5. ユーザー設定項目の追加



データ入力画面最下部にあるユーザー設定項目の追加・編集ボタン(赤円部分)をタップすると、任意の検査項目を追加する事ができます。

6. グラフ選択画面



グラフ画面で検査項目(緑円部分)を選んでタップするとグラフ表示できます。また、複数の検査項目をまとめてスクロール表示するにはグループ表示ボタン(赤円部分)をタップします。

7. グラフ画面



グラフ画面でグループ表示を選択すると、複数の検査項目をまとめてスクロール表示することができます。

8. 設定画面



設定画面からいつでも性別とデータ保存先の選択/変更ができます。データ保存先の初期設定は本体ストレージです。